会社のあゆみ  history
   大津紙業写真印刷株式会社はお客様によって育てられた会社です。
1950 滋賀県大津市太間町において和洋紙の卸商として創業。
県内企業をはじめ、各官公庁への洋紙の供給につとめる。
1955 和洋紙の販売から活版印刷業に転業。
県内の各官公庁を主軸に、企業・商店等の印刷注文に取り組む。
1965 活版印刷からオフセット印刷に方向を転じ、
社名を現在の「大津紙業写真印刷」とする。
1983 それまでの手動写植機50台と共に新たに電算写植システムを導入。
また、製版部においてはカラースキャナを導入。
これにより、一貫したシステムの一応の完成をみる。
1990 両面カラー4色刷り大型輪転機を導入。
これにより大量生産による大幅なコストダウンを実現する。
1991 デザイン部門にレイアウト編集コンピュータを設置。
従来の手によるデザインに加え、意のままの編集を可能にする。
1993 開発室を設立。
文字・デザインの将来的な研究を進める。
1995 マッキントッシュによるDTP編集を開始。
DTPイメージセッタ・ハイクォリティDTPスキャナを完備し、コスト・スピード・品質において飛躍的な進歩を遂げる。
1998 DTPのプラットフォームをウインドウズにまで広げる。
すべての版下作成をDTPに転向。
2000 高速オフセット2色機を導入。
少量印刷から大量印刷まで、精巧で高いコストパフォーマンスを実現する。
2004 高速オフセット4色機を導入。より高精度でスピーディなカラー印刷が可能となり、お客様にコストパフォーマンスの高い商品の提供が可能となる。
2005 環境、コスト、工程短縮などの面から成熟安定してきたCTPシステムを導入
これまで連携名称で行ってきたWEBデザイン・構築、管理業務を自社名で開始。
2007 丁合・中綴機と無線機などを充実させ、
製本業務の作業効率を大幅に上げる。